処方薬のプロペシアの効果と使い方

一番有名なプロペシア

一番有名なプロペシア服用するだけ簡単毎日きちんと飲む

薄毛が気になる男性ならプロペシアをご存じの場合も多いのではないでしょうか。
この薬は病院で処方してもらうことができる薄毛治療薬で、AGAに対して有効とされています。
ただ詳しく効果について知らない人もいるかもしれませんから解説をしてみますと、プロペシアはDHTを抑制するための薬です。
DHTはAGAを発症する原因で脱毛を促す因子と大きく関連しています。
要はDHTが増加すると抜け毛が促進されるようになり結果的にハゲにしてしまうことがあるのです。
しかしプロペシアにはそのDHTを増加させない働きがあるために脱毛を抑制することができ、回復へと導いてくれます。
ただし知っておきたいのが脱毛を抑制する働きがメインの薬であるということです。
作用するメカニズムを見ればお分かりかと思われますが、この薬は脱毛を抑制する働きしかしていません。
発毛をさせる作用はしませんので、発毛するかどうかはまた別の問題でもあるのです。
しかしながら脱毛原因が抑制させるということは毛周期が正常になるということであり、それによって髪が育ってくる可能性はあります。
特に軽度の脱毛症状なら毛周期を整えるだけで生えてくることもありますので、試してみる価値のある薬と言えるでしょう。
もし効果が出にくい場合は発毛剤もセットで使うことが望ましく、相乗効果によって回復を促進できるはずです。
自身もプロペシアを飲んでいたことがありますが、この薬だけですと発毛はしませんでした。
何となく髪にハリコシが出た感じはありましたが生えてくる様子はなかったのです。